SEO対策
シグネットリングセル・御堂的進行胃がん闘病記 癌だけど | シグネットリングセル☆御堂的・進行胃がん闘病記 シグネットリングセル・御堂的進行胃がん闘病記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
◆◆やっぱり、私でよかったのかも。◆◆


−ふたりにひとりががんになる時代−

すい臓がんでご主人を亡くされた方のブログを読んでいる。

久しぶりにアクセスして、ベッドの中でまとめて読んだら
知らず知らずのうちに枕が濡れていることに気がついた。

もしも私じゃなくて、
パパががんだったらどうだっただろう。


そぅ考えたのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おてんき お越しいただきありがとうございます おてんき 
続きを読む前に応援クリックお願いします(^_-)
人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつも能天気なくらい明るくて楽しいパパが
うつになるんじゃないかってくらい落ち込んだ姿を
12年間の結婚生活の中で、2度ほど目の当たりにした。

何を話し掛けても上の空で、口もきかない状態。

それは、 “ これがパパ?? ”
と、疑いたくなるくらいの変貌ぶりだった。

何が原因だったのか、よく覚えてないけれど
かなり難しい整形外科手術を受けたりして
その時は、移植が必要かもしれないとも言われたりして
仕事を長期休んだりもしているから
そんな時のことだったかもしれない。
(※ 怪我は完治しています。ホントに 護られてる人 なのかも??)


以前、大腸癌を患った関係先の社長の話を
 「 癌になったのがあなたでよかった。 」 のタイトルで書いたけれど
私もやっぱり、“がんになったのが私でよかった”
と思わなくもないのだ。

私はおかげさまで、こうして心の状態は保てている。
では


がんになったのがパパだったら、どうだろう。

パパは心を病まずにいられるだろうか。

そばにいる私は、どうしただろう。

見守り続けることができただろうか。

励まし続けることができただろうか。

私は、自分の心を保つことができただろうか。



そして思う。

・・・たぶん。

“ がんになったのが私でよかった。 ”

のだと。


すい臓がんでご主人で亡くされたその方は
1年経った今も、とても苦しんでいらっしゃる。
亡くなったご主人の遺骨を砕いて食べた、という方もある。

大切な人を失った喪失感は、想像を絶するものがあるのだと思う。


私は、パパを・・・


失いたくないのだ。


こぅして私ががんになったのだから。
お願いだから
絶対、絶対、パパにはがんになってほしくない。


かわいいだいぶ良くなってきたのに、今日からまた抗がん剤再開。
        がんばりますので応援クリックしてやって下さいねっ!
         ↓  ↓
       にほんブログ村 がん・腫瘍   
 
| 癌だけど | 00:36 | comments(1) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
       
    




2つのランキングに参加中です。

1日1回、応援のクリックを

いただけると嬉しいです☆


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

人気Blogキングへ

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH